人工ダイヤと本物とではダイヤモンド買取の価格が大きく違います

ダイヤは無色透明の輝きを放つことで、結婚指輪などにも多く使われている宝石です。 世界中で取引されているほどに需要が高く、人気のあることで宝石の王様とも呼ばれています。 日本にもダイヤモンド買取店は数多く存在しており、不要なダイヤ製品があるときには売却することで現金化が可能です。 ダイヤモンド買取店に売却したいダイヤを持っていくことで、その場ですぐに査定をしてもらえますので、資金を素早く手に入れることができます。

一方で、ダイヤモンド買取店で取引が行われているものの多くは天然のダイヤで、鉱物の中で最も硬い素材であるダイヤは工業用としてのニーズも高いことで知られています。 人類はダイヤを生成することを目指してきた経緯があり、現在では人工ダイヤを作り出すことに成功しており、主に工業用として活用されています。

人工ダイヤの処理の方法としては、承認されているエンハンスメントと呼ばれる方法と、未承認の放射線処理などの方法によるトリートメントという手法があります。 ダイヤをコーティングすることや、フラクチャー詰め物処理、レーザー処理などを行うことで人工的に加工をしてダイヤを美しくすることが可能です。 ただし、これらの処理を行っていることは鑑定書に記載されますので、人工ダイヤをダイヤモンド買取店に持ち込んだ場合であっても、高い評価を受けることはできません。

また、天然のダイヤだけが持っている特性がありますので、偽ダイヤを見分けることができます。 近年の技術的な進歩によって偽ダイヤの場合であっても、精巧なものが増えてきていますので、偽ダイヤを入手しないためにも本物との区別の方法を把握しておくことは役立ちます。

ダイヤは熱伝導率が高い性質があるために、息をかけて表面を曇らせたときに本物であればすぐに曇りは消えます。 代替品の場合には、すぐに曇りが消えることはありません。 ダイヤは水をはじきやすい性質があるので、水滴を垂らしたときに天然ものであれば水滴が丸くなり、偽物であれば水滴は平たくなることが多いです。 天然ものであれば不要になってもダイヤモンド買取店に売却して、資金に換えることができるので、宝石を購入するときには偽物であるかどうかしっかりと確認しておくことが大切です。

ダイヤモンド買取店で査定を受けるときには、知識や経験が豊富な鑑定士に見てもらったほうが良いですので、専門店に売却するほうが安心できると言えます。

PRサイト

オンラインダイヤモンド買取徹底比較ランキング

ダイヤモンド・金・プラチナ・貴金属買取の相談室窓口

金・プラチナ貴金属・ダイヤモンドの高価査定ならお任せ下さい