ダイヤモンド買取の知識。ストーン落下に気を付け防止措置をする事

ダイヤモンド買取の場では、ダイヤの取り扱いに細心の注意を払っています。ダイヤモンド買取の専門家が特に意識している事の1つが、ストーン落下です。ダイヤモンド買取の専門家は、ダイヤの落下や紛失の防止措置に工夫をして、落下による他の宝石との衝突や紛失等を防いでいます。

ダイヤモンド買取の場で、ダイヤモンド買取の専門家が意識している事は、一般的な宝飾品の取り扱いにも応用できるでしょう。ダイヤをあしらった宝飾品が落下するというのは、一般的にはあまり想像がつかない事かもしれません。しかし、稀にストーンが指輪の台座から外れるといった事例が発生していますので、身に付けている間はストーン落下が起きるような使い方は避けるべきでしょう。

ストーン落下が起きやすい状況としては、主に2つが挙げられます。1つ目は、アクセサリーのメンテナンス中に起きる事故です。例えば、ダイヤの汚れを取り除く為に洗面所で流水に晒して磨いている間、ストーンが外れて排水口に流される場合があります。こうした事故を防ぐには、排水口にネットを取り付けておき、万が一ストーンが外れてもダイヤが排水口に流れ落ちないようにするべきです。

2つ目は、激しい運動をしている間に外れてしまう事です。具体的にどの程度の運動をしている時、どういう状況で外れるのかと指定する事はできません。しかし、体を激しく動かすスポーツ、特に移動距離が長い屋外でのスポーツだと、ストーン落下が起きた時に気づきにくくなりますし、気づいた時も探しにくくなります。野外スポーツにおいては、特にダイヤをあしらった宝飾品を身に付けたままでいるのは控えるべきです。

指輪のように肌身離さず身に付けていられるものなら安心、と思う方も多いでしょう。しかし、指輪からダイヤが外れる事は忘れた頃に起きるものです。これまで運動中も身に付けてきたから大丈夫と思っていると、緩んでいたダイヤが抜け落ちて、取り返しのつかない事になりかねません。指輪に取り付けられる大きさのダイヤは小さく、意外と探しにくいものです。1度見失うと探し出すのは難しいので、そもそも無くさない予防が必要と言えます。

婚約指輪や結婚指輪のように大切な指輪であれば、何をする時も身に付けていたいと思うかもしれません。しかし、ストーン落下でダイヤを無くしてしまうと、せっかくの指輪が台無しです。たとえダイヤの指輪でも、激しい運動をする前には必ず指から外しておくのが適切です。

PRサイト

オンラインダイヤモンド買取徹底比較ランキング

ダイヤモンド・金・プラチナ・貴金属買取の相談室窓口

金・プラチナ貴金属・ダイヤモンドの高価査定ならお任せ下さい